ミニチュアな水世界

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もともと、このアフリカツメガエルにはライト照射は必要ないので
猛暑が続くこの夏はライトを1日中OFFにしています。

こんな猛暑に、無駄に照射しても水温があがるだけで、デメリットの方が大きい。
人間だって毎日この茹るような猛暑でしんどいのに、
アフツメだって口きけない分だけ更にもっと辛いよね。

只今水温26℃。 ギリギリOK・・・
と言いたいところだけれどアフツメにとっては少し暑くて辛いかも。
でももし何も対策をとっていなかったら30~33℃くらいまで上昇し、
アフツメにとっては拷問wになってしまうので
今のところはこれでがんばって欲しい。これでも5℃は下げているのだよ

モモとポポもがんばってるよ①

さて、モモさんはちょっとスリムになって登場。
ベビーたちと比べると大きく見えるけれどモモもまだまだちびっ子です。

モモとポポもがんばってるよ②

ポポさんは相変わらずwww
ニヤついています。

モモとポポもがんばってるよ③

飼育水は清潔にする事がポイントだけれど、この水槽はろ過+ゆるい水流があるので
ほとんど汚れず、いつも水はピカピカで糞などもどこにもない。
なので水替えは1ヶ月に1回くらいかな。何故かこの水槽はそれで大丈夫だから不思議。
うちの、この水槽に限った事なので、真似しないようにw

フード(赤虫)をあげる時も、ちゃんと血を漉してからピンセットで口元まで持っていって
食べさせているので水槽内には1本も散らばらないようにしているから汚れないのかも。
食べさせ過ぎは死因の原因にも繋がるので、お腹の膨らみ具合を見ながらホントに少し
しか与えない。だって自然界にいたらそんなに毎日大量に獲物を食べれないでしょ。

モモとポポもがんばってるよ④

後ろに写っている 『ナハナハ王子』 なモモに大笑いですwww
何故だ!?何故なんだ!!というポーズかもしれないwwwww

モモとポポもがんばってるよ⑤

さて。現時点でどのような暑さ対策をしているのかと言うと・・・
ガラス蓋をとって、保冷剤を乗っけます。直接水槽内に入れるなんて野暮な事はしない。
しかし保冷剤は蓋のようにしっかり塞がらない場合が多いと思うので
空いてしまう部分には飛び出し防止の為のネットなどが必要。

モモとポポもがんばってるよ⑥

そしてその上をぴったり隙間無く覆うようにタオルをかけて冷気が隙間から逃げない
ようにしてあげます。冷気自体はもともと下に行くからね。
保冷剤が溶けてくると、周りに付いた水滴が水槽を伝ってこないように、保冷剤の
周りに折り込めるようなら画像のようにタオルを折り込むといいと思う。

モモとポポもがんばってるよ⑦

保冷剤は、数時間で固まっているように見えるけれど、今うちで使っているのは
基本的に10時間冷やして完璧なカチンカチンになるので、ローテーション用の為に、
いくつかの保冷剤が必要。
うちではひとつの水槽につき、1日1回の交換(保冷剤を2つ使う)で、
今のところ24~26℃におさえる事にしています。
もちろん部屋全体を涼しくしてあげながら保冷剤を併用するのが理想的。

今使っているのとは別に、24h持続する保冷剤を買うつもり~

水槽用のファンをまわすと、気化して湿気が多くなって室内の温度があがるし、
しかもその分だけ水槽内の水が減っちゃうけれど、これなら水も減らない。
まぁ、熱帯魚水槽にはファンを使っている水槽もあるけれど、家中のあらゆる水槽
全部にファン回すなんて・・・嫌だし効率も悪いと思う。

あと、水槽用のクーラーという方法もあるけど、場所とるしうるさそうだし、
何といっても、そのクーラーから吐き出される熱気が嫌。室温あがるし臭くなりそう・・・。
だからいらなーい。

以上、これらはうちのモモとポポの水槽に合った対策であり、
それぞれの水槽に合った対策が必要なので、ひとつの例として参考程度にして下さい。

うちでも他の水槽にはまた違う対策を施しています(゚∀゚)

例えば・・・ 過去の記事 にもあるように
アフツメベビー達は管理がしやすいプラケースで飼育しているので、
発泡スチロールの中に保冷剤を敷いてその上にプラケースごと乗せて冷やせば
バッチリなのでこちらの水温は常に20℃~22℃に保つ事に成功している。
もちろん保冷剤のローテーションは必要だけれど、少しの手間は必要。

モモとポポもがんばってるよ⑧

また、室内自体をエアコンで効率良く冷やす為にサーキュレーターも便利
暑さMAX時には、エアコンを低い電力で抑えて、あとはこれを回しておきます。

サーキュレーター(扇風機)

サーキュレーター(扇風機)

24h持続する保冷剤

管理しやすいプラケース
(大きな水槽を冷やすのに苦労する時は、弱っている生体だけをプラケースに入れて
プラケースごと冷やしてあげるのもひとつの対策だと思います)
小・中・大・特大サイズがあります。





スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miniww.blog74.fc2.com/tb.php/151-8ed43b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当ブログ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を固く禁止します。
(c)2005-2008 Miniature water world ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。