上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットに入ったポニョのいもうとたちがいーーーっぱいw

いもうといっぱいセット①

微弱の磁石になっているからいもうとたちがくっつきます。

いもうといっぱいセット②

1/1ポニョと一緒に(゚∀゚)

いもうといっぱいセット③

まさに映画の世界

いもうといっぱいセット④

無造作に水槽の周辺にでもころがしておこうかな

いもうといっぱいセット⑤

この『いもうといっぱいセット』、この間記事にした時はまだ在庫あったけれど
今現在は楽天もYahoo!も全て完売状態です。

崖の上のポニョ関連・グッズ・shopの記事はまとめてこちら




スポンサーサイト


映画、先日やっと観てきますた~(`・∀・´)
ポニョもソウスケもかわいかった~~~~~~~

で、5×8cmくらいの等身大ポニョ

1/1ポニョ①

目が動くからかわいぃ(´∀`)キャキャ

1/1ポニョ②

ふわふわマシュマロみたいな手触り。

1/1ポニョ③

か~わい~ね~。

1/1ポニョ④

寝かすと目がトロロ~ン

1/1ポニョ⑤

映画と一緒で、癒されます。

1/1ポニョ⑥

再入荷したみたいですが、早く売り切れる可能性大です。
崖の上のポニョ 等身大 1/1ふわふわドール

崖の上のポニョ関連・グッズ・shopの記事はまとめてこちら





この間連れてきたアフリカツメガエル2匹が本水槽にデビューしました。

本水槽に入ったアフツメ①

ちっさすぎて、しかも底石と色が同化してわかりにくいけれど・・・

本水槽に入ったアフツメ②

2匹とも元気にいい子にしています。

本水槽に入ったアフツメ③

アルビノじゃないアフツメは、まるでヒメツメガエルみたいな雰囲気。

本水槽に入ったアフツメ④

フード(赤虫)はピンセットで口元まで持っていって食べさせてあげています。

本水槽に入ったアフツメ⑤

おもろかわいいw

本水槽に入ったアフツメ⑥

BGM:青山テルマ&SoulJa 『ここにいるよ』www




熱帯魚shopが大好き!

大好き☆アクアショップ①

青白かったり赤い綺麗なライトに照らされた水槽がいっぱい。

大好き☆アクアショップ②

ブクブク音がしていて、水槽の向こう側から涼しげにこっちを見てる魚達。

大好き☆アクアショップ③

その中に、いつもわたしを虜にさせるフグがいます。

大好き☆アクアショップ④

その可愛すぎるフグたんはこの辺にいつも居ます。

大好き☆アクアショップ⑤

今日も居た!!!
このフグちゃん!!!!!
もうこっち見てる!!!!!!!

大好き☆アクアショップ⑥

水槽の前に立つと、奥で寝ている時も必ず前面に出てきてくれます。
テトラオドンムブ。
でっかくて 人なつこくて すんごい可愛い
あ゛~~~ かわいぃ かわいぃ かわいぃ かわいぃ かわいい(´∀`)ノシ

大好き☆アクアショップ⑦

また逢いにくるよ





先日の、破格だったネオンドワーフレインボー20匹を本水槽へ放流。

ネオンドワーフレインボー20匹放流①

ボディは青光り、ヒレなどはオレンジや黄色に彩られていて魅力的

ネオンドワーフレインボー20匹放流②

キ~レ~イ~~~~~~

ネオンドワーフレインボー20匹放流④

最早、テトラよりもネオンドワーフレインボー。

ネオンドワーフレインボー20匹放流③

(´∀`*)ε` )

ネオンドワーフレインボー20匹放流⑤

こんな感じでネオンドワーフだけでも25匹くらいが群れをなして
青く光って泳いでいます。
ん~、満足。

①ネオンドワーフレインボー

②ネオンドワーフレインボー





ボトルアクアは気が向いたときにメダカなどを飼育してインテリアとしても
取り入れていたけれど撮影した事がなかったので今まで登場しなかったw
夏バージョンにしたのでupしまーす。

ボトルアクアリウム①

おもちゃの金魚すくいでゲットしたフグが2匹プカプカ~

ボトルアクアリウム②

ヒトデバルーンが涼しげに浮いています。

ボトルアクアリウム③

その隣には長細いボトルも。
このボトルは何年か前に、グリーンショップにディスプレイしてあるのを観て
即気に入り、即買いしたもの。

ボトルアクアリウム④

こっちのボトルにもヒトデバルーンを浮かせて、底には金粉入りのクリアガラスストーン
を敷き、青いビー玉やら適当に散らしています。

ボトルアクアリウム⑤

水面にはカラーインクが入ったハートバルーンや色んなものが浮いています。

ボトルアクアリウム⑥

ボトルの下にはビールのコースターを敷いてあります。

ボトルアクアリウム⑦



ヒメダカを飼っていますが、中身がよく見えないので
明るい場所にボトルを移して撮影。



ボトルアクアリウム⑧

フグのおもちゃかわいい。

ボトルアクアリウム⑨

上から。

ボトルアクアリウム⑩

ヒメダカがいっぱい泳いでいます。

ボトルアクアリウム⑪

夏場のボトルアクアリウムは、やはり水温に気をつけてあげないとね

ボトルアクアリウム⑫




いぶきのエアストーンはきめ細かくて大量の泡が出る逸品で有名ですが
よく行くshopの店頭で見つけたので、置いてある中で一番長いのを手にとりました。
いぶきって、あまり店頭では見かけないよなぁ(´・∀・` )

いぶき エアストーン?

前からいぶきのエアカーテンを導入したかったので買いました
導入する水槽は、もちろん我が家の本水槽、カルディアアクロス。

いぶき エアストーン?


今まで使っていたフレキシブルタイプのエアカーテンを撤去したついでに
水槽内を大掃除してから『いぶきエアストーン』を投入~

いぶき エアストーン?

やっぱすんごいよ!きめ細かい泡がシュワシュワ出てきて、嬉しい。

いぶき エアストーン?

エンゼルたちが真っ先に飛んできてシャワーを気持ち良さそうに浴びていましたw

いぶき エアストーン?

画像だとキレイさがぜんぜん伝わらないけれど、エアカーテン好きなわたしにとっては
これはちょっとした革命(゚∀゚)

いぶき エアストーン?

夏の気温で水草が溶けてしまいがちなのがわかっていたので
最近はずっと水草造花だったけれど・・・
久々に、大好きなアマゾンチドメグサを大量に導入。

いぶき エアストーン?

サメの横にあるのは溶岩付きのアヌビアスナナ。

いぶき エアストーン?

バジスバジスの"いくぞう"も、エアカーテンを浴びにやってきましたww

いぶき エアストーン?

高温にめちゃくちゃ弱いヤマトヌマエビなので夏は導入しない事にしているの
だけれど、20匹で約600円という破格だったので
お掃除隊として任命しました。

いぶき エアストーン?

エアコン+冷却ファンで27℃位を保っているのでそれ以上にはならないように
引き続き気をつけよう~♪

いぶき エアストーン?

ゴールデンアルジーイーターも、目をくりくりさせて元気に生活

いぶき エアストーン?

いぶきエアストーンスターターセット
Seed-Lowが使用しているのと同じいぶきのエアストーン




大好きなネオンドワーフレインボー。
うちでは、本水槽のエンゼルたちの引き立て役として常に導入しています。

ネオンドワーフレインボー①

引き立て役とはいえ、すっっっごい綺麗な光を放つこの熱帯魚。

ネオンドワーフレインボー②

なんとタイムセールに遭遇して、20匹で596円という、考えられない破格。

ネオンドワーフレインボー③

約1年前に導入した10匹も、今は少し数が減ったので今回この20匹を連れてきました。
車ですぐ家に帰りましたが、
本水槽を掃除&還水してから入れたいので今はプラケ内で準備中。

カリビアンブルーのライトを照らした本水槽に入れると、信じられないほど綺麗に。
ブルー系のライトで照らすのがコツです。すっっっごい綺麗です。
水槽内を盛り上げてくれる。 放流するのが楽しみだ~

ネオンドワーフレインボー④

①ネオンドワーフレインボー

②ネオンドワーフレインボー

実際に飼ってみるとその綺麗さにうっとりします。





熱帯魚shopに行ったら、たまたまスタンダードタイプの
極小ベビーが居ました。エサとして・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

アフツメベビーがまた+2匹。①

この間、友人の知り合いさんから譲って頂いた子たちがいっぱいいるので
迷ったけど・・・今うちにいるベビーたちよりも更に小さいその可愛さにズキュン。
自分も飼っているという店員さんと会話しながら2匹だけ連れて帰りました。

アフツメベビーがまた+2匹。②

モモ&ポポ、先住民のベビーたちとは別に、しばらく瓶で飼育する事にしました。

アフツメベビーがまた+2匹。④

ちっっっちゃい。

アフツメベビーがまた+2匹。③

家のエアコンも古くなってきたので新しいエアコンをオーダーしてきますた。
不在の時もなるべくエコなエアコンを少ない電力でかけて
室温自体を保ってあげたいから。

アフツメベビーがまた+2匹。⑤






どうしよう、呼ぶとすごい可愛いこんな顔でこっちを見る。
もーう、反則でしょ、ポポ、可愛すぎ。
反則じゃないかね?ポポくん。
その離れた目、笑った口、もみじのような手。
君は何者?宇宙からの飛来者なのかい?そうなのかい?

ポニョとポポ

会話出来たらどんなにいいだろう。
でも、顔に似合わないキャラだったりしたら嫌だしw
わたしにとっては天使ちゃんだぉ

そんなポポ、『崖の上のポニョ』の半魚人モードにそっくりー
アフツメ全般に似ているのかもしれないけれど、うちのポポに似ている。

ポニョ①

これはもう、即買いですw ツボりすぎ、悩殺、瞬殺。

似てる。

ポニョ④


これは1/1ポニョ。
寝かすと、目が半目になってトロロン♪

ポニョ②

いもうといっぱいセット。

ポニョ③

後日実物upしまーつ(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

ポニョグッズ、ものっそい人気なので売り切れ続出だ(゚Д゚,,)
数量限定や、量産モノもあるので欲しい方はお早めに・・・。
因みにわたし、まだ映画観ていないので近々行ってきまーす♪

ポニョぬいぐるみ

ポニョグッズ





今回は本水槽『カルディアアクロス』に対する猛暑回避の水温対策。

本水槽カルディアアクロス冷却ファン~猛暑回避水温対策~①

前回の記事と同じブランドで、小さいタイプのスリム冷却ファンを使用。

スリム冷却ファン(小)

冷却ファン(大)

本水槽カルディアアクロスの冷却ファン~猛暑回避水温対策~⑦

ホントに小さくてスリムでコンパクト。

本水槽カルディアアクロス冷却ファン~猛暑回避水温対策~②

で、実はコレ、本水槽の一体型水槽『カルディアアクロス』に合わせた大きさなので
中に入れてファンを回す事が可能 ちゃんとフタが閉まります
通常、こういう一体型水槽って機能拡張するのが難しいからファンひとつ取り付けるにも
見栄えが悪くなったりフタ閉まらないから開けっぱなしにしたり・・・という悩みもあるだろう
けどそんな悩みは一切ないのだ

本水槽カルディアアクロス冷却ファン~猛暑回避水温対策~③

それではカルディアアクロスを開けて設置してみましょー(´∀`)ノシ

本水槽カルディアアクロス冷却ファン~猛暑回避水温対策~④

右端の部分に、チューブなどを出せるようになっている穴があります。

本水槽カルディアアクロス冷却ファン~猛暑回避水温対策~⑤

そこに冷却ファンを下向きにセットします。

本水槽カルディアアクロス冷却ファン~猛暑回避水温対策~⑥

これで設置完了フタを閉めればバッチリ閉まります。

本水槽カルディアアクロス冷却ファン~猛暑回避水温対策~⑦

ほらね(゚∀゚)

本水槽カルディアアクロス冷却ファン~猛暑回避水温対策~⑧

この水槽を使っていて、水温対策に困っている方には朗報
一体型水槽は種類がいっぱいあるけどやっぱこれを選んで良かったな~
と再認識しますた

そしてもちろん、この水槽以外の水槽にも使えます、この冷却スリムファン。

我が家のお気に入り本水槽カルディアアクロス

カルディアアクロス用冷却ファン





熱帯魚だから暑くても平気だと勘違いしている人達も多い。
28~30℃を越えると、大体の熱帯魚たちもさすがに弱ってきます。
(暑さに強いのもいるし、種類によっても個体差によっても違いがあるので
一概には言えない)
高温になればなるほど、水中のあらゆる菌が活発になり、病気をひきおこします。
魚たちが元気に見えても、よく観察すると調子が悪かったり突然死したり。
だからこの時期、わたしは生体を増やす事や過密飼育を避けています。
もちろんちゃんと水温・水質管理しているので新しいのが加わっても問題は
ないと思うけれど、この夏場にshopからウチに来るまでとか可愛そう。
やっぱ夏場は新しい生体の受け入れは落ち着かない。

というか、あらゆる熱帯魚を一通り飼育してみて、あれもこれもと過密飼育
も体験して、(過密飼育とは、ひとつの水槽に定員オーバーで飼う事)
いかに無茶だったか、いかに見極めた飼育が大切なのかを知ったのでw
今は落ちついた水槽の数の中、ちゃんと分別して優雅に安定した飼育が出来ている。

色々飼ってみて、習性も生命力も分かったので今は自分が飼い易く、飼育経験を経て
長生きさせてあげられそうな、それでいて自分が好きな生体だけを最小限に飼育中。

経験は必要だけれど、
夏でも冬でも、とにかく手を広げすぎると生体は死んでしまいます。

プラティ御殿の冷却ファン~猛暑回避水温対策~①

今出来ること、それは適度な換水と水質管理、そして水温対策。
今回はプラティ&グッピー&ソードテール専用水槽に取り付けてある
冷却ファンをとりあげてみます。

プラティ御殿の冷却ファン~猛暑回避水温対策~②

大きなタイプと小さなタイプの2種類持っていますが、この水槽には大きなタイプを使用。

冷却ファン

プラティ御殿の冷却ファン~猛暑回避水温対策~③

上部のライトを取るとこんな感じ。
飛び出し事故防止についての記事はこちら

プラティ御殿の冷却ファン~猛暑回避水温対策~④

アダプターで電源をとって、水槽の淵にセット。

プラティ御殿の冷却ファン~猛暑回避水温対策~⑤

どんなタイプの水槽でも幅広く対応しているみたいなので便利。
一度はさめばクリップ部分もズレないし、
フレキシブルになっているので角度調節も自由に出来る。

プラティ御殿の冷却ファン~猛暑回避水温対策~⑥

かなりパワーがあるので、ウチの場合5℃くらい下がります。

プラティ御殿の冷却ファン~猛暑回避水温対策~⑥

という事で日中も夜中も1日中24℃(ちょっと低めだけどね)をキープしています。

プラティ御殿の冷却ファン~猛暑回避水温対策~⑧

この水槽で使用している冷却ファン





まずはモモ&ポポ組の避暑地。
今日もプラケース内に入り、下から保冷剤でギンギンに冷やされています

只今水温24℃ 水温管理良好。

アフツメ避暑地①

足と足を合わせて仲良く涼むモモとポポ。

アフツメ避暑地②

底に映ったお腹が真っ白でキレイ

アフツメ避暑地③

今日も平和。

アフツメ避暑地⑩

LOVE&PEACE

アフツメ避暑地⑪

ポポをワカメちゃんモモをマスオさん風の声でアフレコして下さい。

ポポ:『ねぇねぇモモさーん』  モモ:『ハイ、なんですか、ポポさん』 

アフツメ避暑地④

ポポ:『あ!カメラに写されている!』
モモ:『え゛ぇー!照れますねぇ・・・(ノ´∀`*)
とりあえず動かないでおきましょう』

アフツメ避暑地⑤




次はアフツメベビーたちの避暑地。

只今24℃、水温管理良好。

アフツメ避暑地⑥

昨日フード(赤虫)をあげたので細かくて小さいウンコちゃんいっぱいしてました

アフツメ避暑地⑦

およよ~~~ん

アフツメ避暑地⑧

『は~いボクたちスリッパ!』

アフツメ避暑地⑨




熱帯魚もカエルも・・・
信じられないようなイリュージョンをやってくれちゃう事があります。
まさかこの魚が!まさかこのカエルが!!と思っていても、その『まさか』が
実際に多々あります。

過信は絶対に禁物。信じられないジャンプ力をたずさえた熱帯魚やカエルが
干物になって発見される事のないように、少しの手間をかけて対策は大事。

今回はうちのカエルタンクを例に。
ネットと蓋の間、それから水槽の淵全部、少しの隙間もない状態。

飛び出し防止ネット①

ガラス蓋があるけれど、ろ過装置などの為に、上部全部が塞がらないサイズの蓋。
なので空いてしまっている部分には園芸用のネットを切って少しの隙間もないように
し、その上からガラスの蓋をかぶせればOK(゚∀゚)

障害物を簡単に避けて一直線に切るのではなく、
障害物の凸凹に合わせてちゃんとカットしないと意味がない

ので面倒がらずに綿密に。

園芸用ネットは100均でも売っています。

飛び出し防止ネット④

人間が思っているよりもはるかにジャンプ力を備えた熱帯魚たち。
どんな小さな隙間でも、その先に夢見て飛ぶ奴らを甘く見てはいけないw

飛び出し防止ネット②

この対策を約1年半ほど持続しているけれど飛び出し事故は1度もない。

飛び出し防止ネット③

ホント、初心者の頃は飛び出し事故を何回か経験したんだけれど、不思議で不思議で
どこを探してもコツゼンと消えてしまっているこのイリュージョンにただ首をかしげるだけ
だった。逃げ出すような隙間も見当たらない感じなのにどうしてだろう、と。
でも、よ~くよ~く観察しながら考えるとそのイリュージョンのタネが見えてきます。
ほんの小さな、ほんとに小さな小さな隙間が死へのブラックホールに通じます。

可愛い熱帯魚やカエルを干物にしてしまわない為に、一刻でも早く対策を。





前回の記事にて、『アフツメベビー』と『モモ&ポポ』のそれぞれの水温対策を
載せましたが、自分が家に居れる時間もそんなにないし、付きっきりでカエル
の前に居れるわけでもないのでモモとポポの避暑地対策としてお引越しをしました

これで、長時間家を空けなければならない時や、保冷剤の交換も超楽になった

24h持続する保冷剤を使用すれば今より更に保冷時間が延びるだろう

モモとポポが避暑地へお引越し①

アフツメベビーと同じようにプラケースに入れて保冷剤で冷やす方法。
カエルタンクからこっちに移動した事で、水温が更にぐんと下がりますた
只今、24℃。保冷剤を交換すれば20℃まで下がります

モモとポポが避暑地へお引越し②

このなんとも涼しげな風景。
まるでスケートリンクの上に立っているみたい

モモとポポが避暑地へお引越し③

見ているだけでこっちも涼しくなってくるどぅ(´∀`)

モモとポポが避暑地へお引越し④

モモさん、スタイルいいねw

モモとポポが避暑地へお引越し⑤

あ~、気持ち良さそう・・・

モモとポポが避暑地へお引越し⑥

発泡スチロールに魔法の保冷剤を敷きます。

モモとポポが避暑地へお引越し⑦

すると、ちょうどピッタリ、『アフツメベビー』と『モモ&ポポ』の避暑地なおうちが入ります

モモとポポが避暑地へお引越し⑧

アフツメを全部統一した事により、以前よりも更に管理しやすくなった(´∀`*)ε` )チュッ

夏が過ぎれば、またオシャレな水槽にも戻してあげれるので、外観の見た目や
飼い主のエゴを捨ててここはひとつ暑さ対策をしっかりとって環境を整えてあげる
事が大事だと思っています。もし万が一の事が起きても後悔しないように・・・。





もともと、このアフリカツメガエルにはライト照射は必要ないので
猛暑が続くこの夏はライトを1日中OFFにしています。

こんな猛暑に、無駄に照射しても水温があがるだけで、デメリットの方が大きい。
人間だって毎日この茹るような猛暑でしんどいのに、
アフツメだって口きけない分だけ更にもっと辛いよね。

只今水温26℃。 ギリギリOK・・・
と言いたいところだけれどアフツメにとっては少し暑くて辛いかも。
でももし何も対策をとっていなかったら30~33℃くらいまで上昇し、
アフツメにとっては拷問wになってしまうので
今のところはこれでがんばって欲しい。これでも5℃は下げているのだよ

モモとポポもがんばってるよ①

さて、モモさんはちょっとスリムになって登場。
ベビーたちと比べると大きく見えるけれどモモもまだまだちびっ子です。

モモとポポもがんばってるよ②

ポポさんは相変わらずwww
ニヤついています。

モモとポポもがんばってるよ③

飼育水は清潔にする事がポイントだけれど、この水槽はろ過+ゆるい水流があるので
ほとんど汚れず、いつも水はピカピカで糞などもどこにもない。
なので水替えは1ヶ月に1回くらいかな。何故かこの水槽はそれで大丈夫だから不思議。
うちの、この水槽に限った事なので、真似しないようにw

フード(赤虫)をあげる時も、ちゃんと血を漉してからピンセットで口元まで持っていって
食べさせているので水槽内には1本も散らばらないようにしているから汚れないのかも。
食べさせ過ぎは死因の原因にも繋がるので、お腹の膨らみ具合を見ながらホントに少し
しか与えない。だって自然界にいたらそんなに毎日大量に獲物を食べれないでしょ。

モモとポポもがんばってるよ④

後ろに写っている 『ナハナハ王子』 なモモに大笑いですwww
何故だ!?何故なんだ!!というポーズかもしれないwwwww

モモとポポもがんばってるよ⑤

さて。現時点でどのような暑さ対策をしているのかと言うと・・・
ガラス蓋をとって、保冷剤を乗っけます。直接水槽内に入れるなんて野暮な事はしない。
しかし保冷剤は蓋のようにしっかり塞がらない場合が多いと思うので
空いてしまう部分には飛び出し防止の為のネットなどが必要。

モモとポポもがんばってるよ⑥

そしてその上をぴったり隙間無く覆うようにタオルをかけて冷気が隙間から逃げない
ようにしてあげます。冷気自体はもともと下に行くからね。
保冷剤が溶けてくると、周りに付いた水滴が水槽を伝ってこないように、保冷剤の
周りに折り込めるようなら画像のようにタオルを折り込むといいと思う。

モモとポポもがんばってるよ⑦

保冷剤は、数時間で固まっているように見えるけれど、今うちで使っているのは
基本的に10時間冷やして完璧なカチンカチンになるので、ローテーション用の為に、
いくつかの保冷剤が必要。
うちではひとつの水槽につき、1日1回の交換(保冷剤を2つ使う)で、
今のところ24~26℃におさえる事にしています。
もちろん部屋全体を涼しくしてあげながら保冷剤を併用するのが理想的。

今使っているのとは別に、24h持続する保冷剤を買うつもり~

水槽用のファンをまわすと、気化して湿気が多くなって室内の温度があがるし、
しかもその分だけ水槽内の水が減っちゃうけれど、これなら水も減らない。
まぁ、熱帯魚水槽にはファンを使っている水槽もあるけれど、家中のあらゆる水槽
全部にファン回すなんて・・・嫌だし効率も悪いと思う。

あと、水槽用のクーラーという方法もあるけど、場所とるしうるさそうだし、
何といっても、そのクーラーから吐き出される熱気が嫌。室温あがるし臭くなりそう・・・。
だからいらなーい。

以上、これらはうちのモモとポポの水槽に合った対策であり、
それぞれの水槽に合った対策が必要なので、ひとつの例として参考程度にして下さい。

うちでも他の水槽にはまた違う対策を施しています(゚∀゚)

例えば・・・ 過去の記事 にもあるように
アフツメベビー達は管理がしやすいプラケースで飼育しているので、
発泡スチロールの中に保冷剤を敷いてその上にプラケースごと乗せて冷やせば
バッチリなのでこちらの水温は常に20℃~22℃に保つ事に成功している。
もちろん保冷剤のローテーションは必要だけれど、少しの手間は必要。

モモとポポもがんばってるよ⑧

また、室内自体をエアコンで効率良く冷やす為にサーキュレーターも便利
暑さMAX時には、エアコンを低い電力で抑えて、あとはこれを回しておきます。

サーキュレーター(扇風機)

サーキュレーター(扇風機)

24h持続する保冷剤

管理しやすいプラケース
(大きな水槽を冷やすのに苦労する時は、弱っている生体だけをプラケースに入れて
プラケースごと冷やしてあげるのもひとつの対策だと思います)
小・中・大・特大サイズがあります。






只今水温22℃、管理OK

今日のアフツメベビー①

今日も全員元気
ひんやりした水の中で、うっとりしながら気持ちよさそうにしています。

今日のアフツメベビー②

ぷかぷか~

今日のアフツメベビー③

わらわら~
フード(赤虫)は週に3回のペースでいく予定。

今日のアフツメベビー④

わらわらわら~
可愛いなぁ・・・癒されるなぁ・・・

今日のアフツメベビー⑤

しかしプラケースはホントに便利だなぁ。





只今水温22℃、管理OK♪

アフツメベビー①

水を清潔にする事、水温に気をつける事、フードのやり過ぎに気をつける事。
それだけを気をつけてあげれば元気に楽しく生きてくれると思います。

アフツメベビー②

個性が出てきた子から順に、モモやポポたちの居るカエルタンクへ入れていく予定。
そして更にその他には、久々に熱帯魚達との混泳組も選出していく予定。
(あくまでも、混泳出来る条件を満たしている水槽にしか入れません)

アフツメベビー③

熱帯魚と一緒にする事は可能だけれど、ヒメツメガエルなどとは違って口が大きいので
たとえ体が小さいアフツメでも口に入る大きさなら無理矢理にでも口に入れて食べて
しまうので注意が必要です。油断しているとホントに一瞬のすきに捕食してしまいます。

さすがに今うちにいるベビー達はまだ小さ過ぎて魚を食べる事は出来ないに~

アフツメベビー④

アフツメには爪もあるので、何かの拍子に魚の体を傷つけてしまう場合もあります。
それと、うちではまだ経験した事はないのですが、体格の違うアフツメ同士を一緒にすると
共食いもあるそうなので、これらの点にも注意が必要。

水温も低温を好むし、アフツメはアフツメだけで他の何とも一緒にしないで
飼ってあげたほうがアフツメの為だと思う。
アフツメだけに限った事でないけれど、『飼い主のエゴ』や勝手な思い込みは
禁物ですな。

アフツメベビー⑤

アフツメは可愛くて面白いので中毒になり、やめられませんなwww

ユニーク過ぎるこの顔や姿と、フードを食べる時に手を使って口にかきこむ必死さに
家に来る人は皆もれなく釘付けになります

飼う上で、アフリカツメガエルの習性や病気、それからツボカビの正しい知識と飼育の
仕方が大事になってきますので充分に自覚と責任をもった上で
家族として迎え入れましょう。




愛用しているプラケース。
車で行ける範囲に、アクアショップが沢山あるのですがこのプラケースは決まった
ショップにしか置いていないのでいつもそこに買いに行きます

大小さまざまな大きさがあるのでいくつか持っているとマルチで使えて超便利。
しかも仕切りがあるので、プラケース内をセパレートする事が出来る。

愛用プラケース①

このプラケース、結構毎日役に立ってくれている。
本格的に鑑賞飼育をする為にプラーケースは使いませんが、一時避難や病気治療、
保冷剤で的確に水温を下げるために集中的に冷やしたい時等はもってこいのアイテム。

愛用プラケース②

取っ手が黄色いバージョンのは、商品リニューアルする前のタイプだと思います。

愛用プラケース③

上部のクリア部分のフタがスライド。

愛用プラケース④

セパレートに仕切った状態。

愛用プラケース⑦


こっちの、取っ手も黒いバージョンのは商品リニューアル後のタイプのだと思います。

愛用プラケース⑤

上部のクリア部分のフタがスライド。

愛用プラケース⑥

セパレートに仕切った状態。

愛用プラケース⑧

愛用のプラケースはコチラ





1.5~3cmのアフツメベビーたち。
今回はアルビノに加えてスタンダードタイプのアフツメも新たにやってきました。

アフツメベビーわらわら①

とりあえずは、新品のピッカピカプラケースがお家です

アフツメベビーわらわら②

プラケースにもこだわっていて、コレしか愛用していません
色んな大きさのがあるし、上部のフタがスライドするからフードもあげやすい
パチッとしっかり黒いフタを閉めれば持ち運びも便利なので飼育や病気治療、
一時避難やベビー飼育、水合わせ、隔離などがしやすい。

Seed-Low愛用のプラケース


アフツメベビーわらわら⑥

やっぱアフツメは小さいのが可愛いくて好き(゚∀゚)

アフツメベビーわらわら③

かわいぃ~

アフツメベビーわらわら④

エアコン+保冷剤を使って外から冷やす事により、
アフツメが苦手な高温を回避してあげています。
脱皮は、成長する為に必須だけれど、この時期にあまり脱皮ばかりを繰り返す
ようだと危険信号だと思っています。高温には気をつけてあげましょう。
夏場は30℃を越えてしまいがちですがアフツメにとっては元気そうに見えても拷問ですw
うちは今年の夏は22℃~28℃をキープするようにしています。
常時家にいるわけでないので、この幅広い水温設定は仕方ないのですが、28℃以上
にはならないようにしてあげたいな、と。
自分で脱いだ皮を自分で食べてしまう習性があるので、脱皮に気付かない事も。
なので日ごろからよく観察してあげましょう。

アフツメベビーわらわら⑤

あぁ~ん、アクアライフ、楽しいなぁ~(´∀`)



宝石を投入して、きらめく海底にしてみました

海底の宝石①

ダイヤモンド型のジュエル。

海底の宝石②

オトシンクルスが喜んで宝石の上に止まっていたりしますが、
ゴールデンパファーは食べようとして突付いていましたwww

海底の宝石⑦

大きい宝石に、小さい宝石

海底の宝石③

ライトをナイトモードにすると宝石がきらめきます。

海底の宝石④

今宵も宝石箱は光を放っています。

海底の宝石⑤

バンブルビーゴビーも宝石のそばで怪盗ルビーと化している。

海底の宝石⑥

フグタンクのみんな、おやすみ

海底の宝石⑧

宝箱のネオンデコレーション

Seed-Low愛用の昼と夜でモードが変わるライト



郵便局に行ったら、デカい水槽の中にポストがディスプレイしてあって
なんか良かったので撮影してみた。

郵便局の水槽





リニューアル後のフグタンクがあまりにも綺麗な真っ青なので
隣にFFのポーションを置いてみますた(゚∀゚)

海底に沈む宮殿①

まるで海底に沈む宮殿のよう。

海底に沈む宮殿②

ん~。涼しげで癒されるど~~~
Seed-Lowは猛暑から回避し、HPを少量回復した。


真っ青に染まった海底を探検





この間、白い底砂に変えたばかりだったけれどなんか気にいらないので
水槽内の大掃除を兼ねてまた青いキラキラストーンに変えた

海底で宝探し①

で、ずっと沈めてあった難破船を引き上げて『宝箱』を沈めてみた。

海底で宝探し②

そしてバックスクリーンは今まで草背景だったけれど、
このスクリーンはリバーシブルなので裏返して真っ青にしてみた。
バンブルビーゴビーたちがわらわらしています。
面白い顔をしているのでつい見入ってしまうw

海底で宝探し③

縁の下の力持ち、オトシンクルスさんも元気に長生きしてくれています。

海底で宝探し④

このカクレクマノミは、たまたまやったオモチャの金魚すくいでゲットしたタンクメイト
水流にのってユラユラ、クルクル動くのでちょっとしたアクセントになる♪

海底で宝探し⑧

石巻貝がひっついています。
ゴールデンパファー達がこっち見てるw

海底で宝探し⑥

おっw なんか2匹くっついてこっちを見始めたど。

海底で宝探し⑦

ライトをナイトモードにするとこんな感じに綺麗~~~
因みに、この宝箱のイルミネーションは青とか赤とか緑とかランダムに光ります。



海底で宝探し⑤



海底で宝探し⑨



海底で宝探し⑩

遠くから見ても真っ青でとても綺麗な水槽になった。
温暖化地球のこの暑さを癒してくれる、宝探しフグ水槽になった。

宝箱

Day&Nightモードライト



アフツメのポポさんに引き続き、プラティ御殿も勝手に雑誌の表紙を飾りますたw

プラティ御殿、雑誌の表紙を飾る①

今年はこのまま自作の『和柄のバックスクリーン』でいこうかしら

プラティ御殿、雑誌の表紙を飾る②

アナカリスが涼しさを演出してくれている

プラティ御殿、雑誌の表紙を飾る③

こちらはもうすぐデビューのジュニア達。
産仔(産卵)箱の上から撮影。
この箱は年中無休で稼動中。超便利で使いやすいお気に入りの箱。
売り切れが多いけど探せばまだある。

プラティ御殿、雑誌の表紙を飾る⑤

このプラティ水槽を上から見るとこ~んな感じ。
賑やかでそ?

プラティ御殿、雑誌の表紙を飾る④

プラティ御殿の水槽はこちら



もみじみたいな小さな手で美味しそうに赤虫を口に運んでます。






どうですか、素晴らしい!

雑誌の表紙を飾るポポさん

嘘ですがw

ふぐ田さん、普段撮影なんかされた事がないので
いぶかしげな顔をしながらこちらをチラチラ見て固まっていますw



動いていないのでアレですが・・・
この機会にせっかく動画も撮影してあげたのでUPします。



ふぐ田さんが棲む水槽が、とても撮影し難い場所にある為、
今まで登場しませんでしたがこの機会に出来るだけ撮ってあげました。

ふぐ田ぬし①

が、ふぐ田さん。
撮られ慣れていないのでカティコティにど緊張ww

ふぐ田ぬし②

いつもはフリーダムに快活なホバリングをして暮らしているのですが

ふぐ田ぬし③

普段はこのインテリアライトで後ろから照らしています

ふぐ田ぬし④

こんな風に。
因みに、カラーポットや瓶の中に入っているのはエサ各種です。

ふぐ田ぬし⑥

ふぐ田さん、隅っこに隠れてこちらの様子を伺っています。

ふぐ田ぬし⑤

泳いでいるところやホバリングの様子は撮れそうにないのでそっとしておきますw


当ブログ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を固く禁止します。
(c)2005-2008 Miniature water world ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。