ミニチュアな水世界

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テスト更新

スポンサーサイト

笑顔で食べてる~w

トビハゼのハゼどんのお食事

イッキに3本食いですか。

トビハゼのハゼどんのお食事

カメラ目線のまま、よく食べるわww

トビハゼのハゼどんのお食事





今まで育ててきたエンゼルフィッシュ。。。
小さくて、いったい何の稚魚なのかもわからいぐらいのかわいかった稚魚。
約1ヶ月半にわたって大事に育ててきたエンゼルフィッシュの稚魚。。。
もう完全にエンゼルフィッシュの形になっていた稚魚。

不注意で、窒息状態にしてしまい、3匹を残して全滅させてしまいますた。
あんなに手塩にかけて育ててきたエンゼルフィッシュたちよ。。。
ごめんね、ごめんね。

もう2度と同じ過ちを繰り返さない事を肝に銘じます。

というわけでまた新たにエンゼルフィッシュの稚魚が産まれたわけです♪

新・エンゼルフィッシュの誕生

今回は、孵化してからもしばらく親元から離さないでおいたので
前回の仔たちに比べると成長が早かったです。
葉っぱの上にあった孵化した仔を採集したんだけれど、
スポイトでちゅるんちゅるんと、いとも簡単に採集していたら
一生懸命、仔の世話をしてたい親が「あれれれれ~」という顔をして
まるで猫じゃらしを目で追う猫のように、せわしなく顔がぐるぐる回ってw
しばらく不思議そうに仔がいた葉っぱのまわりをガン見していましたwww

新・エンゼルフィッシュの誕生

そして。
親元から仔を採集してから3日目で泳ぎ出しました。

新・エンゼルフィッシュの誕生

今回は、このベビーブラインシュリンプの冷凍で育ててみようと思います。

新・エンゼルフィッシュの誕生

最初の10日間くらいだけこのエサを使ってみて、
少し大きくなったら前回と同じのを与える予定。

新・エンゼルフィッシュの誕生

よく、大きいブラインシュリンプの冷凍もあるけれど
あれはこの手の稚魚の口には絶対入らない巨大な大きさです。
なので、間違って買ってしまわぬよう、気をつけましょう。

新・エンゼルフィッシュの誕生

このミニミニスポイトですこ~~~しずつ与えます。

新・エンゼルフィッシュの誕生

2度目のエンゼルフィッシュの稚魚の飼育。
今回はどんな感じの飼育になるかな~。

ブラインシュリンプをわかす面倒な手間もなく食べさせたい時にすぐ!
ちっっっちゃい稚魚の口に入る
冷凍のクリーン ベビーブラインシュリンプ

かなりおすすめです。




ずいぶんと大きくなって
エサは相変わらずブラインシュリンプの黄身だけを食べています。

エンゼルフィッシュの卵が孵化して約1.5ヶ月。

小さくて何の稚魚だかもわからない姿だったのに。。。

エンゼルフィッシュの卵が孵化して約1.5ヶ月。

もう立派にエンゼルフィッシュの形になってきました。

エンゼルフィッシュの卵が孵化して約1.5ヶ月。

もっと小さかった時のパックマン、かわいかったなぁw

エンゼルフィッシュの卵が孵化して約1.5ヶ月。

無地のゴールデンっぽいのと

エンゼルフィッシュの卵が孵化して約1.5ヶ月。

黒いブチ模様の2タイプに分かれています。

エンゼルフィッシュの卵が孵化して約1.5ヶ月。

毎日毎日、この姿を見ると癒されます。

稚魚用のエサは何種類か用意して与えていますが
一番栄養価が高くて稚魚の小さな口でも食べれるので
ずーっと愛用しています。
エンゼルフィッシュの稚魚も、ブラインシュリンプじゃないと
難しいと言われていましたが今のところこれで乗り切りました♪
大変オススメです。




度々病気もするけれど早期発見、早期治療で
なんとかみんな元気に暮らしています。

きょうの紅白ソードテール

この紅白ソードテール、1匹を除いてはみんな♀なのでw
大人になって性転換してくれる事を望みます。

きょうの紅白ソードテール

仕方ないのでオレンジソードテールの♂も1匹投入してありますが。

きょうの紅白ソードテール

オレンジソードテールと紅白ソードテールとの間に産まれる仔は
目がルビーアイじゃない事が多いので。。。

きょうの紅白ソードテール

出来れば純血な紅白ソードテールの子供が欲しいです♪
ウチで産まれた仔はどんな仔でもみんなみんな可愛いですけれど。





バケツと網を持って公園で何かを採集しに行きましたw

野山で採集。

前回行った時はスジエビも採れたのに
今回持っていった網は小さい網だったし 人もいっぱい居たから
収穫はわずか2匹。

野山で採集。

ハゼ(たぶん)とおたまじゃくし。

野山で採集。

たぶんハゼと思われる。

野山で採集。


カエルになったらどうする、おたまじゃくしw

野山で採集。

採集してから家に帰るまでかなり時間が経つので
乾電池で動くポータブルのエアポンプを用意しました。

野山で採集。

エアストーンとエアチューブも附属。

野山で採集。

約30時間という長時間設計。

野山で採集。

これは1台持っておいて損はしないと思います。
無事生きて連れて帰る事が出来ました♪

引っ越しや水替え時にも使えて便利。






こういうの探してた!!!!!!!!!!

産卵ミニ

今愛用しているのはすでに廃盤で、3個持っているけれど
それに近いのを探していて。
サイズも、特別大きめの魚とかじゃなく、プラティやグッピー程度であれば
このくらいのサイズで十分だと思う。

産卵ミニ

エアチューブだのなんだのって付属品なんか一切いらない。
シンプルで、フタもただ上に乗っけるだけの、力のいらないフタ。
フタするのに力のいるタイプだと、吸盤がズレて箱自体が下に沈むから
すごい不便なのに、売られている大体がそういうタイプのフタの箱。
だからこういうのは貴重。廃盤になる前にまた同じの買っちゃうかも。

産卵ミニ

即買いしました。
これを店頭で扱っているshopは稀少だと思います。

通販でも滅多にみかけない。




当ブログ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を固く禁止します。
(c)2005-2008 Miniature water world ALL Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。